いつまでも触っていたい素材の魅力

シルクのパジャマや、
いい香りのする柔軟材で仕上げたタオル。
ぴかぴかに磨き上げた、シンクや、
腕時計に使われている、ステンレスの触った感覚。
そういった、肌触りの気持ちいい素材によって作られたものは、
日常生活の中に数多く存在しています。
そして、その感じ方は、人それぞれ、異なっています。
肌に触れる感覚ですので、敏感に感じる方もいれば、
強めに触れないと感じない方もいます。
様々な感覚を持ち合わせた、人たちがいる中で、
気持ちの良い感覚というものは、
一種の個性とも表現できると思います。
すべすべしていて気持ちいい。
さらさらな感じで心地いい。
ツルツルしていて滑らかだ。
どの感じも、とてもぱっとイメージがつく感じ方で、
ほとんどの方にとって、受け入れやすいものだと思います。
そういった、解りやすく、魅力的な事を、
数多く存在している素材が表現してゆく。
その組み合わせは、無限に近いほどあり、
またその感じ方も無限に近いほどあります。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です